経営戦略×組織マネジメント
社員ひとりひとりの「個性」を
企業のチカラに

ロジック・ブレイン活用で
人事戦略の課題を解決します!

人事戦略で重要な3つのシーン。
勘や経験に頼る従来のマネジメントではなく、データに基づいた確かな分析が重要です。
個性学と統計学から構築されたロジック・ブレインならトータルサポートが可能です。

※弊社はロジック・ブレインの正規認定パートナーです。
※ロジック・ブレインとは「自分を知る」「相手を知る」「個性を活かす」ための10万人の個性分析と統計により導き出されたロジックです。 これにより103万6800通の個性データベースが作成されました。 

採用

人事と未来の社員との最初の接点が
採用のタイミングです。

企業の戦略やブランディングに
共感する人たちをいかに引きつけるか。
また、企業のビジョンに対して
チームビルディングは上手くいっているのか?

採用は、現状の改善と未来創造のための
重要な施策です。

採用のための
自社の魅力発信

同じ会社PRを発信するにもタイプによって響き方が異なります。
Aという情報にまず目がいくタイプ、Bという情報に価値を置くタイプ、Cという点で意思決定するタイプ、といった具合です。
ロジック・ブレインの代表的な分類を活用すれば、 応募者たちの反応率がアップします。
同様にそのメソッドを活かして理想とする未来の社員に響くメッセージを配信すると、母数を増やさなくても自社に合う人財が集まるので、応募者との接点の時間を確保することができます。

組織分析と
チームビルディング

どのような人物を新たに採用するかを決めるために、まずは組織分析をおすすめします。
ロジック・ブレインを使えば、チームメンバーのリレーションの最適化を導き出し、チームにどのような人材が適切なのかを見つけ出すことができます。
面接では、応募者の個性を把握した上で、チームに適した人材かを見極めることができます。
また内定から入社までの間、コミュニケーションの質をアップすることで内定辞退を防ぐことにもつながります。

採用のための
自社の魅力発信

同じ会社PRを発信するにもタイプによって響き方が異なります。
Aという情報にまず目がいくタイプ、Bという情報に価値を置くタイプ、Cという点で意思決定するタイプ、といった具合です。
ロジック・ブレインの代表的な分類を活用すれば、 応募者たちの反応率がアップします。
同様にそのメソッドを活かして理想とする未来の社員に響くメッセージを配信すると、母数を増やさなくても自社に合う人財が集まるので、応募者との接点の時間を確保することができます。
定着

新卒や中途採用、どちらにしても
入社してからの課題は山積みです。
特に人間関係での悩みは
どの企業においても多くを占めます。
逆に言えば、人間関係が最適であれば、
定着率も上がります。

上司と部下、同僚、仕事先の担当者の方々との 
コミュニケーション力アップ、
社内の人間関係の最適化が鍵となります。

チームビルディングで生産性アップ

ロジック・ブレインでチーム全体のリレーションシップ分析を行うことができます。
自分の個性を理解し、相手の個性を理解するだけで、 チームのコミュニケーション力はアップします。
[縦のコミュニケーション]はモチベーションアップにつながり、[横のコミュニケーション]はスムースな連携を生み出します。

社員面談

社員面談と言っても評価や打ち合わせではなく、月に1〜2回のペースで 1on1(ワンオンワン)の面談を行います。
上司からではなく、チームメンバーから 面談でのテーマを提案してもらうことで、 コミュニケーションが一方通行ではなく双方向で行われます。
さらにロジック・ブレインではスタッフ一人一人の《リズム》を活用します。 《リズム》を活用することにより、社員の状態の把握や声かけのアドバイスを行います。

チームビルディングで生産性アップ

ロジック・ブレインでチーム全体のリレーションシップ分析を行うことができます。
自分の個性を理解し、相手の個性を理解するだけで、 チームのコミュニケーション力はアップします。
[縦のコミュニケーション]はモチベーションアップにつながり、[横のコミュニケーション]はスムースな連携を生み出します。
戦力化
入社した人材を素早く戦力化するために、
企業は様々な教育や研修を実施し、
人材の育成を急ぎます。
しかしながら、全員が一律な成長を見せることはありません。
得意、不得意はもちろん、仕事の進め方や能力など、
それまでの活動では見えてこなかったものが、
ロジック・ブレインでは103万6800通りの
個性によって分類されています。
潜在的な才能や能力を活かすことで、
想像を超えた成果を期待できます。

チームメンバーの
個性の把握

採用・定着の施策においても活用いただきたいのは ロジック・ブレインの個人総合分析です。
そこにはどういったタイプなのかから始まり、個性やビジネスにおける仕事の進め方や潜在的なビジネスにおける役割、能力など多くのパーソナルインサイトを確認することができます。 それを参考にしながら、仕事の与え方や、誰とOJTを組ませるのかなど工夫することによって 成果のスピードや質が向上します。

ロイヤリティの向上

社内コミュニケーションがモチベーションや生産性の向上に大きく影響を与えます。 そして全社のコミュニケーションは、スタッフ一人一人が企業のビジョンやミッションを共有することができ、 自身の業務への責任感ややりがいを感じることができます。
それによって社員のロイヤリティが向上し、離職率の低下、戦力化が見込めます。

チームメンバーの
個性の把握

採用・定着の施策においても活用いただきたいのは ロジック・ブレインの個人総合分析です。
そこにはどういったタイプなのかから始まり、個性やビジネスにおける仕事の進め方や潜在的なビジネスにおける役割、能力など多くのパーソナルインサイトを確認することができます。 それを参考にしながら、仕事の与え方や、誰とOJTを組ませるのかなど工夫することによって 成果のスピードや質が向上します。

LOGIC BRAIN APPLICATION
について

LOGIC BRAIN APPLICATIONの一部をご紹介します。
個性を知ることで、社員間、上司と部下、
会社全体のコミュニケーションが円滑になります。
お互いに協力し合える環境を創ることで、
生産性の向上はもちろん、多くの企業が抱える
コミュニケーションの課題が軽減します。
ここにご紹介しているものはLOGIC BRAIN APPLICATIONの一部です。
皆様のここが知りたいを是非お問い合わせください。

【総合分析】

《社員の面談や求人応募者の面接に活用》

ターゲットのインサイトがわかることで
コミュニケーションの取り方がわかります。

【3TYPE】

《求人サイト/LPなどへの活用で欲しい人材が集まる》

3TYPEを活用することで、求人広告の作り方や
内定~入社までのアプローチの方法がわかります。
欲しい人材を集め、内定辞退を防ぐ、使える「3TYPE」。

【12TYPE】

《個性を活用してチームビルディングに活かす》

12TYPEを活用することで、チームメンバーそれぞれのヒューマンリレーションがわかります。
生産性の高いチーム作りに活用。

【RHYTHM(リズム)】

《目標設定や1on1面談に活用》

今何を行うべきか、目標達成のために何をどう行えば良いのかなど、個性とリズムを活かすことで、個人の気づきを導き、達成までのプロセスがわかります。マネジメントでは面談時のアドバイスが得られます。

【総合分析】

《社員の面談や求人応募者の面接に活用》

ターゲットのインサイトがわかることで
コミュニケーションの取り方がわかります。

私たちについて

株式会社人材戦略サポート

(理念)
経営戦略と人材マネジメントを連携・連動させるためのサポートを行い、企業の成長と発展を支援する。

(目的)
企業で働く人たちのコミュニケーション力を高め、働くモチベーション・ロイヤリティの向上、信頼できる仲間との連携を活性化する。その活動を通して、人材の成長と企業の発展に寄与する。

(サービスの内容)

  1. 採用・営業の支援。 
  2. ハイパフォーマンスを実現するチームビルディング。
  3. 円滑なコミュニケーションをはかるためのコーチング。 
  4. モチベーション向上のためのサポートと生産性の向上。 
  5. 得意分野を活かす人材育成コンサルティング。

社名 株式会社人材戦略サポート
本社 〒805-0018
福岡県北九州市八幡東区上本町1-3-8
電話
093-671-6463
FAX
093-662-2343
大阪支社 〒542-0086
大阪市中央区西心斎橋2-15-1
銀泉道頓堀ビル別館2階
電話
06-4708-2141
FAX
06-4708-2151
代表取締役 田口 明宏
本社 〒805-0018
福岡県北九州市八幡東区上本町1-3-8

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらのフォームにご記入の上、送信ください。のちほど担当者よりご連絡いたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信